メルマガ「地獄通信」

ビジネスにおける「価値提供」という謎ワード

アフィリエイト
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

ビジネスは「価値提供」だと言われますよね。

でも、この「価値提供」って、誤解されやすいというか、捉えちがえを起こしやすい言葉でもあると思っています。

というのも、ネットでお金を稼ぎたいと考える人の多くが、

  • なににも縛られたくない
  • 自由に生きていきたい

こういう想いでネットビジネスに興味を持ちますよね。

見知らぬ誰かにしあわせになってもらうより、まず自分がしあわせになりたい。

自分がしあわせではないから(失礼かもしれませんが)、人様に価値提供する心の余裕なんてない。

でも、ビジネスは「価値提供」だと。

だから、「稼ぎかた」のノウハウのまえに学ぶべきは、「ビジネスとはなにか?」なんだと思います。

よく読めば、いい教材にはそのあたりもきちんと書いてありますが、はじめにも書いたように読みちがえが起こったり、そもそもそこは目に入らなかったりする。

しあわせになりたいから稼ぎたいのに、稼げないからしあわせになれない。

なぜなら、「価値提供」ができないから…

私もずっとこの状態だったので、えらそうに語れる身ではありませんけど…

価値提供ってなんなの?

ビジネスの「価値提供」。

これはいったいなんだ?という話をしますね。

ネットビジネスの場合、単に「知識の差を埋めてあげる」という、これだけなんですね。

自分の知っていることを、その知識を求めている人に教えたら、喜ばれるじゃないですか。

もう、単にそれだけなんですよ。

「価値提供」って、なんとなくキラキラワードのような、麗しいなにかが潜んでいるような気がしませんか?(私はする)

ここで謎の方向に誤解して、キラキラ人間を演じようとする人もいますが、それはそれで苦しいですよね…

でも、自分が知っていることを、まだそれを知らない人に教えてあげましょう…というだけで。

アフィリエイトの壁

アフィリエイトって商品を作らなくていいのがメリットなので、「商品作り」のステップを省けているはずなのに、むずかしいな…と思います。

私も含め、アフィリエイトのノウハウコレクターがこれだけ多いのは、「商品」を「売ろう」としているからだと思うんですよ。

「さきに商品が存在する」

というのが、思考の邪魔になる。

商品があったら、売りたくなりますよね。

というか、稼ぎたいから売りたいわけで、売らないと稼げないわけで…

でも、順番でいうと、「売る」のは後…というと誤解を生みそうですが、やっぱり順番でいうと、後なんです。

アフィリエイトの価値提供とは…

じゃあ、アフィリエイトの価値提供ってなんだ?

となりますが。

極限にシンプルに考えるとしたら…

たとえば、教材アフィリエイターなら、「教材の情報」が価値になりますよね。

その教材がほしい人にとっては、

  • どんな教材か?
  • 自分の役に立つのか?

は「知りたい情報」で。

その情報をさきに知っているので→教えてあげれば→喜ばれる

なので、一番シンプルな教材アフィリエイトのスタイルって、「情報教材のプロ」としてのポジションに立つことだと思います。

「プロであるあなたの紹介する教材なら間違いない!」

と思っていただけるような。

情報発信×アフィリエイトの価値提供って、突き詰めて考えると、

  • 情報教材のプロ
  • うしろ姿をみせる(「あなたみたいになりたい」が価値になる)

の二派にわかれる、あるいは合わせ技になるんじゃないでしょうか。

「私はこの教材でこんなに変わりました!」

という感じで、実践中の教材だと売りやすい・売れやすいですよね。

  • 私みたいに実績0で出現
  • 実践中の教材も無

これはとても大変です。

私の場合、磨の巣をきっかけに世に出てきたので、素直に磨の巣を実践しながら紹介すればそれでよかったのに、迷走してしまったんですよ…

その結果、「情報教材のプロ見習い」を名乗れるくらいには教材を買い漁って読んだので、よかったのかもしれませんが…

まとめ

実績0から教材を紹介するパターンでは、価値提供に通じるおもしろい(?)話を仕入れてきたので、また今度記事にしますね。

「価値提供」という語感に囚われず、世のなかのビジネスを見渡して、

  • どうしてビジネスが成立しているのか?
  • どこに価値を持たせているのか?

と探ってみると、おもしろいアイディアが浮かぶかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました